じょいふるねっとについて 生活情報 エンターテイメント 便利リンク よくあるお問合せ

今月の特集記事【2020年5/20日号】

いまだ緊急事態宣言が解かれず、自粛している方も多くいらっしゃると思います。自宅にこもり、外食にも気軽に出かけられない状況となると、とかくストレスが溜まりがち。加えて、テレワークで在宅勤務している方や、自宅から授業を受けているお子さんのいるご家庭では、毎日のお食事をつくるのも大変ですよね。

そこで、ネット通販を利用してグルメのお取り寄せをしてみるのはいかがでしょうか。今回は、今が旬の食材や、少しだけリッチな気分が味わえるもの、旅行気分が味わえるもの、小腹が空いたときのスイーツなど、多彩なおすすめ通販グルメをご紹介。購入することで、地方の産業を応援することにもつながります。 こんなときだからこそ"食"を意識して、心も体も健やかに過ごしてみませんか?
なかなか外食できない今、自宅で少々贅沢な気分に浸りながら"本物の味"を堪能したい。そんな方に向けた、お取り寄せ食材をご紹介しましょう。

まずは、長崎県の離島、壱岐のグルメ。壱岐市の旬の食材・特産品をお届けする通販サイト「壱岐なお取り寄せ」で購入することができます。

壱岐は、九州の北部に広がる玄界灘沖、福岡県と対馬の中間に位置する島です。島の周囲はコバルトブルーの海が広がり、近辺にはアワビやウニが豊富に採れる岩礁地帯が広がっています。夏場のイカ漁、冬場に沖合で行われるブリ漁やマグロ漁でも知られています。海の幸に加え、全国区の知名度を誇る壱岐牛もこの島の名物です。

通販でのおすすめとしてまず紹介したいのは、生うに。壱岐のうにシーズンは5月です。

収穫量が少なく、幻のうにといわれ、独特の甘みと上品な味わいが魅力の「赤うに」。さらに「紫うに」。生の状態で、海水にかき落とした状態で発送されます。型崩れしないように添加されるミョウバンは、もちろん不使用。

ミョウバンを添加していないうにと、そうでないうにでは、味に雲泥の差が出るもの!うに本来のうま味を、ぜひご自宅で堪能してください。ちょっと贅沢なおつまみとしても、うに丼に仕上げても美味しくいただけます。

うにの他にも、お刺身にぴったりな天然サザエや活あわびなども魅力的!現在、「コロナに負けるな!」として限定商品の送料無料サービスを実施中です。

次にご紹介するのは、山形のさくらんぼ。言わずと知れた初夏の味覚ですよね。5月から7月にかけて、さくらんぼの品種「佐藤錦」を通販で扱っているのが「やまがた朝日屋」さん。

佐藤錦は、さわやかな酸味と甘みが絶妙なバランスで味わえる高級品種。さくらんぼの王様と呼ばれる、山形の名産品です。ひとえに佐藤錦といっても、やや小ぶりな粒から大粒まで、さらには200gパックや1kgの並び箱詰めなど多彩なラインナップがあるため、ご家族の人数や用途に合わせて購入することが可能です。

また、同ホームページでは、7月の庄内砂丘メロン、8月のだだちゃ豆など、季節に応じた食材のお取り寄せが可能。5月と6月は山菜のシーズンでもあり、天然のわらびや赤みず、月山筍なども取り扱っています。ぜひ天然の恵みをご堪能ください。
■壱岐なお取り寄せ
 ホームページ:https://iki-online.com/
■やまがた朝日屋
 ホームページ:https://ashahiya.jp/
自由自在に旅行できていた頃が懐かしい。そんなふうに思っている方も多いのでは?そこで、少しでも旅行気分が味わえるようなグルメとして、お取り寄せできる駅弁をご紹介します。

まずは兵庫県の神戸駅や新神戸駅、西明石駅などで購入できる「ひっぱりだこ飯」。1998年に明石海峡大橋が開通した際、記念として生まれた人気駅弁です。

明石の伝統的な漁法である「たこつぼ漁」を彷彿とさせる、陶器製の壺。そこに、明石名物の真だこをはじめ、たこのすり身を用いた上げかまぼこ、ダシを効かせたにんじんやたけのこ、しいたけなどの煮物、さらに穴子似などがギュギュっと詰まっています。ご飯は醤油ベースのダシで炊きこんだご飯です。

2020年からは、サンリオの人気キャラクターとコラボ。「ハローキティ版ひっぱりだこ飯」を販売しています。キティちゃんのかまぼこにピンク色の陶器が可愛い一品は、お子さんにもピッタリです。

ひっぱりだこ飯は、製造・販売元である淡路屋さんのホームページで購入することが可能。さらに現在「自宅で駅弁!旅気分!キャンペーン」を開催中。税込5000円以上のご注文で、送料が無料となります。

次なるおすすめは、三重県の松阪駅の有名駅弁「松阪名物黒毛和牛モー太郎弁当」です。インパクト絶大の、牛の顔をかたどった容器。そのふたを開けると、響き渡るオルゴールの音色…。

なんと、ふたの裏側に、光を感知するメロディーセンサーが搭載されています。童謡「ふるさと」が流れる「日本初のメロディ駅弁」としてメディアに登場する機会も多いので、ご存じの方もいらっしゃるかもしれません。

その一方で、味は王道。松阪は松阪牛のお膝元だけあって、名物はすき焼きです。すき焼きにしょうがの香りが加わったお肉は、食欲を掻き立てられること間違いなし。お肉の照り具合も良い感じです。

この駅弁は、今年で創業125年目を迎える「駅弁のあら竹」さんのホームページで購入可能。ワクワクする駅弁を、ご家族みんなで楽しんでくださいね。
■ひっぱりだこ飯(淡路屋)
 ホームページ:https://all.awajiya.co.jp/
■松阪名物黒毛和牛モー太郎弁当(駅弁のあら竹)
 ホームページ:https://www.ekiben-aratake.com/
自粛生活が長引くと、毎日の献立を考えるのもひと苦労。食事をつくる負担も増えがちです。お子さんが平日も自宅にいるとなると、おやつも用意しないとならない…。そんな中で、忙しい時の昼ご飯としても、おやつとしても重宝しそうなmハイブリッド型と呼べるお取り寄せグルメを2つ、ご紹介してみましょう。

まずは、石川県の金沢で近年注目を集める「金沢カレーいかまんま」。金沢カレーは、濃厚なルゥでご飯すべてを覆い、デフォルトで乗ったカツ、つけあわせのキャベツの千切りと混ぜながらフォークで食べるご当地カレー。そのスパイシーな味わいを、加賀産のこしひかり米にしみこませ、さらに能登産のするめいかにギュッと詰める。そして甘辛の醤油タレで煮込んだものが「金沢カレーいかまんま」です。

みるからに食欲をそそる色合い!レトルト真空パックなので、忙しい時はそのまま湯煎で温めるだけで食べられます。また、輪切りにしてフライパンや網焼きにしても、香ばしさが増して抜群です。

そしてもうひとつ、ご紹介したいのが「おやき」です。信州のお土産としても定番ですよね。

「おやき」は別名「やきもち」と呼ばれる、信州の昔ながらの郷土グルメ。麦やそばを練った生地で、山菜などの具をくるみ、囲炉裏で焼いたり、せいろ蒸しにして食べます。具沢山で、小腹が空いたときにもピッタリですよね。

長野県の安曇野市にあるおやきと漬物の専門店「あづみ堂」さんでは、薄皮のおやきや、そば皮のおやきを公式ホームページで販売中。おやきのバリエーションも実に豊富です。信州アルプス牛と定番の野沢菜をあえたものや、ぶなしめじとエリンギにチーズをくわえたもの、信州松本名物の山賊焼きネギ、なす味噌、ひじき、きんぴら、つぶあん、きりぼし大根、かぼちゃなどなど…お惣菜であればなんでも合うところが、おやきの魅力ですよね。

以上、ご紹介したグルメ以外にも、日本全国の味覚がいまは通販でお取り寄せできます。自粛生活のストレス発散や家事の負担軽減に、ぜひとも活用してみてください。
■金沢カレー いかまんま
 ホームページ:http://zenifukuya.com/ikamanma/
■あずみ堂
 ホームページ:http://azumido.jp/
今後の特集の参考にさせていただきます。
記事が面白いと感じましたらクリックお願いします。
  じょいふるねっとは
マンションライフに
快適なインターネット
接続環境を提供します。
 
ご意見・お問い合わせ
じょいふるねっとに関するご意見、お問い合わせは下記リンク先のお問い合わせフォーム、もしくはデジタルコミュニケーション株式会社までお電話にてご連絡ください。
 
トップページじょいふるねっとについて生活情報エンターテイメント便利リンクよくあるお問合せ個人情報のお取り扱いについてお問い合わせ