じょいふるねっとについて 生活情報 エンターテイメント 便利リンク ダウンロード

ぱそこん便利コラム

ぱそこん便利コラム
ゲーム環境が大きく変わる!(かもしれない)

3月に Apple と Google がゲームのサブスクリプション・サービスを発表しています。
それに続き、今月(6月)には Microsoft が追加で、Netflix が新規にゲームのサブスクリプション・サービスを発表しました。
今回はそれぞれのサービスについてご紹介します。
 

これまでのゲーム環境について

まずは一般的なゲーム環境についてまとめてみます。

  • ゲームソフトは1本毎に購入する必要がある。
  • デバイスにゲームソフトをインストールする必要がある
  • OS 毎に別々のソフトが必要
  • 異なるデバイスや OS 間でのゲームデータの移行や共有ができない
  • 3D ゲームなどはそれなりにスペックの高いハードウェアが必要

まずゲームを楽しむためにはソフトをデバイスにインストールする必要があります。
これはゲームに限らず、一般的なソフトウェア(アプリケーション)と同じです。
そして、そのソフトは OS 毎に別々に用意する必要があります。(ゲームをするにも、開発するにも)
また、同じゲームを外ではスマホ、家ではタブレットで楽しむといった場合に、それぞれのデバイス間でゲームのデータを共有できない事が多いです。
これは昔からですが、ゲームはその時々のデバイスの性能いっぱいで作られる事が多く、特に 3D ゲームではその傾向が顕著です。
 

Apple Arcade(Apple 社)

Apple Arcade の概要は次の通りです。

  • 月額制のサブスクリプション・サービス
  • ストリーミング・サービス(ダウンロードしてインストールも可能)
  • 対応 OS 毎に別々のソフトを用意する必要がない(開発時)
  • macOS / iOS / iPadOS / tvOS で同じゲームデータを利用可能

2019年秋に 150 ヵ国以上でサービス開始予定で、月額料金は未定です。
ゲームできるデバイスが Apple 製品のみという制約はありますが、逆に動作検証のやりやすさから、ゲームが動かない(快適にプレイできない)といった心配は少なくなると思われます。
 

Stadia(Google 社)

Google 社が提供予定の Stadia の概要は次の通りです。

  • 月額制のサブスクリプション・サービス
  • クラウド・ゲーム・サービス(ゲームの処理をクラウド側で行う)
  • Google Chrome(ウェブブラウザ)がインストールされているデバイスで実行可能(予定)
  • 異なるデバイスや OS 間で同じゲームデータを利用可能

2019年 11月に欧米を中心に、月額 $9.99 の Stadia Pro から開始される予定です。(日本は含まれません)
来年以降はより多くの国でのサービスが開始され、月額無料の Stadia Basic も開始されるようです。
Stadia でゲームを楽しむためには、Stadia コントローラーと呼ばれるデバイスが必要で、このコントローラーが WiFi を通じてクラウドに入力データを送信し、結果が Google Chrome に画像として送り返されるという仕組みになっています。
この仕組みにより、画像の表示さえできればゲームを楽しめるため、3D ゲームなどでも高性能なデバイスは不要です。
また、ゲームの開発者はクラウドでの動作確認だけを行えばよくなり、開発効率がアップします。
さらに、チートツール(ゲームを不正に改造したソフト)が実質使えなくなり、クリーンなゲームを楽しめるといった特徴があります。
 

xCloud と Xbox Game Pass(Microsoft 社)

Microsoft 社が提供予定の xCloud については概要があまり公開されていません。

  • 月額制のサブスクリプション・サービス
  • クラウド・ゲーム・サービス(?)
  • Xbox 及び Windows PC(とスマートフォン?)

?マークがいっぱいですが、xCloud は Xbox Game Pass(既存) / Xbox Game Pass for PC(新設) / Xbox Game Pass Ultimate(新設) のいずれかを購入(月額 ~$14.99)して利用する事になりそうです。(現在はいずれも日本は対象外。2019年内にはサービス開始されるかも?)
今後詳細の発表を待ちたいと思います。
 

Netflix 社

ビデオストリーミングとして有名な Netflix 社もゲーム事業への参入を発表しました。
しかし、既存のダウンロードサービスと同じ仕組みで、クラウドゲームというわけではないようです。
こちらも詳細は今後発表される予定です。

 

Amazon 社もゲームサービスを企画しているとの話もありますが、現在のところ特にそういった発表はありません。
Google 社や Microsoft 社のクラウドゲームは、既存のゲーム環境に対して様々なアドバンテージがあるように見えます。
仕組み上安定したネットワーク環境が必須となりますが、日々進歩している分野ですので、大きな問題にはならなそうです。

それぞれのサービスの本格運用は 2020年となりそうですが、どのように発展していくのかを楽しみにしたいと思います。
 



マイクロソフト:日本のセキュリティチームブログ
2019 年 6 月のセキュリティ更新プログラム (月例) …2019年6月11日
2019 年 5 月のセキュリティ更新プログラム (月例) …2019年5月14日
2019 年 4 月のセキュリティ更新プログラム (月例) …2019年4月9日
2019 年 3 月のセキュリティ更新プログラム (月例) …2019年3月12日
セキュリティ インテリジェンス レポート (SIR) 第 24 版公開 …2019年3月1日
2019 年 2 月のセキュリティ更新プログラム (月例) …2019年2月13日
2019 年 1 月のセキュリティ更新プログラム (月例) …2019年1月8日
アップル:サポート情報
Logic Pro X 10.4 release notes …2019年6月14日
情報処理推進機構:重要なセキュリティ情報
Microsoft 製品の脆弱性対策について(2019年6月) …2019年6月12日
Adobe Flash Player の脆弱性対策について(APSB19-30)(CVE-2019-7845) …2019年6月12日
Microsoft 製品の脆弱性対策について(2019年5月) …2019年5月15日
Adobe Flash Player の脆弱性対策について(APSB19-26)(CVE-2019-7837) …2019年5月15日
Adobe Acrobat および Reader の脆弱性対策について(APSB19-18)(CVE-2019-7829等) …2019年5月15日
Oracle WebLogic Server の脆弱性(CVE-2019-2725)について …2019年4月28日
Oracle Java の脆弱性対策について(CVE-2019-2699等) …2019年4月17日
ぱそこん便利コラム
特集記事
  じょいふるねっとは
マンションライフに
快適なインターネット
接続環境を提供します。
 
ご意見・お問い合わせ
じょいふるねっとに関するご意見、お問い合わせは下記リンク先のお問い合わせフォーム、もしくはデジタルコミュニケーション株式会社までお電話にてご連絡ください。
 
トップページじょいふるねっとについて生活情報エンターテイメント便利リンクよくあるお問合せ個人情報のお取り扱いについてお問い合わせ