じょいふるねっとについて 生活情報 エンターテイメント 便利リンク よくあるお問合せ

今月の特集記事【2022年7/20日号】

雨模様の日が続いたと思えば急に炎天下になったりと、なかなか読めない今年の夏。クーラーの利用と相まって、体調管理が難しい時期でもありますよね。

加えてコロナ禍も継続しているため、今月はご自宅で楽しめる夏の味覚特集を組みました。カレーやご飯のお供などのピリ辛グルメをはじめ、酸味と爽やかなフレーバーが夏にふさわしいレモン、さらに地方特産の夏の味覚、お取り寄せまで、テーマを絞って選りすぐってみました。ネット通販や都内近郊のショップで入手できるものばかりです!

ぜひ参考にしていただき、豊かな夏の食卓をご自宅で満喫してくださいね!

まずは夏の定番の味覚「ピリ辛」からご紹介。

スパイスをふんだんに使ったカレーや日本の食文化をリスペクトし、厳選したお米や調味料、ご飯のお供などの食品が入手できるライフスタイルショップ「AKOMEYA TOKYO」では、7月29日(金)から8月25日(木)にかけて「ぴりり祭り」フェアを開催します。

まずは「カレーうどん」。小麦粉、瀬戸内の天然塩、水のみで手打ちした讃岐うどんがベースです。その特徴は、茹で時間が20分かかること!さらにスパイスの香りや野菜、果物の旨味を凝縮し、かつお出汁を加えたカレールゥと一緒に煮込むこと、さらに5分!"名店の味"に仕上がります。なんでも素早いファストフードな時代において、時間をかけて作ることの尊さを思い出させてくれる…それでいて手軽で美味しいところが魅力です。

東京・押上にあるスパイス専門店「SPiCE Cafe」とコラボして生まれたカレーは「濃厚バターチキンカレー×さらさらビーフカレー」と「マトンと山椒のカレー×鰤と梅干しのカレー」の2種。その名前だけで「夏に食べたい!」と思わせてくれます。日本が誇る食文化"出汁"とスパイスを融合させ、和の食材にもこだわった、日本のお米にフィットするレトルトカレーです。

さらに、ご飯に乗せるだけで楽しめる"お供"調味料も充実。長野のメーカーと共同開発した「ピリ辛山菜きのこ」は、えのき茸、たけのこ、ぶなしめじ、山くらげ、木耳、椎茸と山菜を使った具沢山なお供。白米はもちろん、炒め物や冷ややっこ、ラーメンにちょい足しするのもおすすめです。

「大豆ミートのごはんのお供 スパイスカリー/麻婆ジャン」は、日本が誇る発酵調味料、味噌と醤油をブレンドし、お肉の代わりに大豆ミートをあしらったお供。カレーフレーバーはうどんやパスタにも合いますし、麻婆ジャンは焼きそばや野菜炒めとの相性が抜群です。公式オンラインショップや、都内の各店舗でぜひ手に入れてみてください。
■AKOMEYA TOKYO(アコメヤ トーキョー)
食欲不振に陥りがちな夏には、酢の物などの酸味も欲しくなりますよね。今回注目してみた食材は、レモンです。

酸っぱさと爽やかさが同居するレモンは、皮膚や粘膜を正しく保つのをサポートするビタミンCが豊富。

香り成分のリモネンにはリラックス効果も期待できます。また、カルシウムやミネラルの効率の良い摂取を促すクエン酸は、疲れを貯めないために効果的な成分です。

まず最初におすすめするのは、小豆島のオリーブ農家、井上誠耕園の「新鮮檸檬オリーブオイル」です。レモンとオリーブを一緒に搾ったオリーブオイルで、7月1日(金)より夏季90日間限定で販売しています。

小豆島は、言わずと知れたオリーブの国内名産地。しかしながらオリーブの旬は、日本では秋から冬にかけてです。

そこで同園では数年前から、オーストラリアのオリーブ農家やレモン農家と提携。搾りたての旬の味を夏に提供できるようになりました。

濃厚でフレッシュなオリーブの味の深みと、爽やかなレモンのフレーバーが絶妙にマッチしている点が特徴です。

使い方は通常のオリーブオイルと同じ。夏野菜の炒め物はもちろん、グリルやカルパッチョに仕上げた白身魚にもよく合います。

しかし本当に美味しいオリーブオイルは、パンとの相性が抜群。焼いたトーストやフランスパンにオリーブオイルをかけ、お好みでほんの少し岩塩を振ると絶品です!

次は、ドリンク。スカッとしたレモンフレーバーの炭酸水も夏にピッタリですし、お酒を飲まれる方にはレモンサワーも人気ですよね。一方で、お子さんから大人まで楽しめるものとしてオススメなのは、カルディコーヒーファームが販売しているオリジナル商品「レモンミルクの素」。

シチリア産のレモン果汁とレモンペーストが使用されており、冷やした牛乳に入れて混ぜるだけで、トロみある食感に早変わり。ほのかな酸味と苦みが味わえるほか、人肌程度に温めたクリームチーズを混ぜると立派な夏のスイーツに仕上がります。

まるでカフェで出てくるような、レモンフレーバーのグルメをぜひご自宅でお楽しみください。
■新鮮檸檬オリーブオイル(井上誠耕園)
ホームページ:https://www.inoueseikoen.co.jp/
■レモンミルクの素(カルディオンラインストア)
今ではネット通販等で手軽に入手できるようになった、全国各地の夏グルメ。夏の気分と旅行気分、双方をご自宅で満喫できるとあって人気です。さっそくご紹介しましょう。

まずは秋田名産のじゅんさい。国内の生産量は秋田がダントツで、約90%に上ります。春から夏にかけて、栽培用の沼で育つじゅんさいは水草の一種。芽の部分などは寒天質の粘膜で覆われているため、ぷるんとしたゼリーのような食感と、シャキシャキとした歯ごたえが楽しめます。

食べ方は至って簡単。生のじゅんさいは軽く水洗いして、沸騰したお湯に、ほんの10秒ほどくぐらせればOKです。色が変わったらすぐに氷水に浸すとさらに美味しくいただけます。夏は酢の物にしてサッパリといただくのがおすすめです。また、本場・秋田では鶏肉やごぼうなどと一緒に煮る「じゅんさい鍋」もスタンダード。夏の鍋としてよく食べられています。こちらも火を入れすぎないよう、自分の食べる分だけ鍋に入れて、色が緑色を帯びてきたらサッと上げて食べましょう。

さて次は京都から。今年は祇園祭も開催され、ようやく京都らしさが戻ってきました。祇園祭と並ぶ初夏の風物詩が鱧(はも)です。

かつて京都には、淡路島や明石、日本海の若狭などから魚が運ばれていました。当日の技術的に、魚を生きたまま京都に運び入れるのは至難のワザ。しかし生命力の強い鱧は、京に着いても生き生きとしていたそうです。もうひとつの特徴は、調理の難しさ。どのように火を入れたとしても骨ばっていて、なかなか食べられない…そこで調理人たちは「骨切」という独特の包丁さばきを編み出し、ふんわりとした食感を活かした料理に仕上げました。

現在、ネット通販で「骨切」を施した鱧が全国どこにいても入手できるようになりました。ただ、扱いに不安な方はちょっと贅沢して、出汁や具材などがついたセットを購入するのもおすすめです。1856年創業の京料理の老舗、下鴨茶寮ではオンラインショップを通じて「鱧と夏野菜の贅沢すだち素麺」や「料亭の鱧づくし」「料亭の鱧と旬菜の出汁しゃぶ」等を購入することができます。ぜひ豊かな"おうち時間"の食卓を満喫してください。
■秋田森岳名産 じゅんさい
■京の鱧料理 オンラインショップ(下鴨茶寮)
今後の特集の参考にさせていただきます。
記事が面白いと感じましたらクリックお願いします。
  じょいふるねっとは
マンションライフに
快適なインターネット
接続環境を提供します。
 
ご意見・お問い合わせ
じょいふるねっとに関するご意見、お問い合わせは下記リンク先のお問い合わせフォーム、もしくはデジタルコミュニケーション株式会社までお電話にてご連絡ください。
 
トップページじょいふるねっとについて生活情報エンターテイメント便利リンクよくあるお問合せ個人情報のお取り扱いについてお問い合わせ